三重県で自然素材を生かす木組み土壁の注文住宅を設計するSSD建築士事務所、伝統工法・分離発注を得意としています。
愛知県瀬戸市と三重県津市にあるSSD建築士事務所は自然素材を生かす木組・土壁の家づくりをしています。-伝統工法・分離発注・直営工事の注文住宅の設計・監理・施工管理-

TOP PAGE

これまでの仕事/WORKS

ABOUT
「木組み」とは何か。
建築理念
会社概要・地図
スタッフのご紹介
スタッフ募集のお知らせ

OTHERS
BLOG
リンク

CONTACT
お問い合わせ


美しい木組みの構造に竹小舞がかかれている様子
■「木組み」とは何か。

「木組み」とは、家の骨組みづくりにおいて釘や金物などに頼らず、木自体に切り込みなどを施し、はめ合わせていくことで木と木をがっしり組み上げていく技術のことを言い、古来より日本の職人たちによって受け継がれ、洗練されてきた“伝統工法”(伝統構法)を基本としたものです。

それに対し、近年木造建築のつくり方の主流となっているのは「在来工法」と呼ばれるもので、大量・短工期・ローコスト生産が求められた戦後以降に発展し、金物などを多用することで強度をもたせるという考え方の構法です。

手刻みだけがこなせること
建て方にて、木を組み合わせる大工さん。

近年の木造住宅建築(在来工法)において金物を多用することの背景には、コンピューター制御の機械で骨組みとなる木材をあらかじめ加工しておく技術“プレカット”の普及があります。

プレカットでの加工は建築工期の短縮、コストの削減などの利点がある一方、機械ではどうしても対応できない継ぎ手・仕口(木材の接合部)の加工があり、それを補うための金物が必要となるのです。
しかし強度を金物に頼った建物は、それが使用される環境により腐食したり、木の経年変化による収縮などでボルトに“ゆるみ”が生じた場合などに著しく強度が低下するおそれがあります。

それに対し「木組み」の家づくりの大きな特徴として、家の骨組みとなる木材の加工を “手刻み”(手作業での加工)で行うということがあげられます。

大工さんはそれぞれの木の性質をよみ、たとえ年月がたってもその木が生きるような使い方を導きだし、材同士をより強く美しく組み上げるため、プレカットでは対応することのできない継ぎ手・仕口の加工を施します。
そのように手刻みされた継ぎ手・仕口は木材の変形・被衝撃が起こっても破壊されにくく、また、「木組み」ならではの貫(柱と柱を横木で貫いてつなぐ部材)は地震などによる衝撃を分散し、一気に倒壊してしまいにくい粘り強さを生み出します。

美しく組み上がった木組み構造には圧倒的な信頼感があるのです。

長寿命の家づくり
津市芸濃町にて竣工、「ヨコの家」の2階より見た広いLDK吹き抜け。

木が材木として使えるようになるまでに最低40年はかかるにもかかわらず、現代日本の住宅の平均寿命は約26年であるというデータ(建設白書による)があります。
その理由として、在来工法の家はその構造上いつまでも同じではない家族構成や暮らしに対応できにくく、また、メンテナンスもしにくいということがあげられます。

「木組み」の家は在来工法のように耐震要素を壁に頼らないので、骨組みさえしっかりとつくっておけば比較的容易に増改築や修理が行えます、また、開放的な大空間をつくることが可能なことも「木組み」の特徴の一つです。

100年以上もつ家づくりに取り組むためには、その時その時に見合った間取りに変化させることが出来得る骨組みにしておくことも大切なのです。

山を豊かにするサイクル
緑豊かな田園風景、津市の現場にて、建て方が行われる。

パズルのように組まれ金物が少ない木組みの家、順番に従えば容易に解体・分別することができ、 その家の骨組みとしての使命を終えた木材の再利用がしやすくなります。

木を大切に長く使う、その間、木を切り出してきた山でまた新しく木が育つ・・・、 日本古来から続くこのサイクルは、山を豊かに保つ大きな要素であると考えられており、 地元の山の木を使う大切さが各地で盛んに叫ばれています。

木組みの家をデザインしたい!
大工手刻みによる伝統的な仕口が組み上がる。

SSD建築士事務所では「木組み」を基本として設計を行っていますが、それは懐古趣味的な理由からではありません。「木組み」で家を建てることは現代において大きな利点があり、日本の気候風土・暮らしぶりに合う家づくりをするためには、かけがえのないものであると考えているからです。

「木組み」は決して過去のものではありません。

木組みフォトギャラリー
手刻み01
“ヨコの家”の木組み
土台に墨をつける落合棟梁
手刻み2
“タテ”の家の建前
丸太を一部面取りした部材
仕口
長ほぞ差し込み栓打ちの仕口
下小屋にて、仕口の施された部材
page-top
「木組み」とは何か。

TOP PAGE
これまでの仕事
ABOUT │ 木組みとは何か建築理念会社概要・地図スタッフのご紹介
OTHERS │ BLOGリンク
CONTACT │ お問い合わせ

COPYRIGHT(C)2008 SSD建築士事務所 ALL RIGHTS RESERVED.